Interview

社員インタビュー

子育てを終えた女性がセカンドキャリアを活かす場として、おうちモールを選んでいただけたら嬉しい

森田百恵子 刈谷大府店 注文住宅アドバイザー兼コーポレート担当

おうちモールは女性メンバーが中心となって働いている職場です。出産や育児などの大事なライフイベントを迎える方や家庭との両立など、様々なバックボーンを持つメンバーが活躍しています。今回は事業の急成長、急拡大を迎えている中、実際に現場で働いているメンバーの素顔を明らかにすべくインタビューを敢行しました。さまざまな経験を持つメンバーが、いかにしておうちモールに入社し、現在どのような想いで日々活動しているのか、赤裸々に本音で語ってもらいました。
第六弾はおうちモール刈谷大府店で住宅専門フィナンシャルプランナーとして、マイホーム購入を検討しているお客様の相談に直接向き合う傍ら、コーポレート担当として従事する森田百恵子さんです。

成長する機会や成功体験を与えてくれる

―――前職では、片山社長の部下としてお仕事をされていた時期もあったとお聞きしています。
はい。片山さんの下では丸3年、主に新卒採用の業務を担当していました。
―――何か片山社長の人間像に迫る、当時のエピソードはありますか?
今でも鮮明に覚えているのですが、片山さんが突如、「100人規模の会社説明会をやろう!」と言い出したことがありました。当時の会社の説明会では、40人ほど入る会議室に2名しか参加者がいないときもあり、私は100人もの学生なんて集められる訳がないと思っていました。
しかし片山さんは、「できる、余裕でしょ!」といった感じ。やるしかないと取り掛かってはみたものの、どうやって人を集めるのか、予約からの参加率をどう上げるのか、当日の運営方法など、課題は多くそう簡単に実現できることではありませんでした。それでも最善を尽くし、本当に来てくれるのかどうか不安を抱えたまま迎えた会社説明会の当日、なんと100人以上の学生さんが集まってくれたんです。
片山さんは、当日まで一切ぶれることなく「絶対にできる!」と言い続けてくださいました。この成功体験は私の人生の中でも大きなターニングポイントになり、以降、自信を持って仕事に取り組むことができるようになり、チャレンジの幅も広がりました。片山さんは、成長する機会や成功体験を与えてくれる人だと思います。日々どんな仕事をするときも、成長できるように仕事を与えてくれ、チャレンジさせてくれます。

「みんなにとって何が良いのか」片山社長の言葉を胸に業務に従事

―――そんな片山社長のもとへ、つまりおうちモールへ転職した経緯を教えてください。
おうちモールの採用活動を強化するため、2021年4月に入社しました。どうしたら採用活動がうまくいくか、やはりおうちモールで働くことへの魅力づけの部分が課題でした。既存社員にとっても「自分たちはいい会社に属しているんだ」という意識を持つことは、仕事をしていく上でとても大切なことだと思います。そういった意識づけや雰囲気づくりを、私が率先してやっていければと思っています。
―――おうちモールが成長・拡大していくには欠かせないポストだと思います。実際に業務に対峙して感じていることはありますか?
日々、判断に悩むことがあります。そんなときに片山さんに相談すると、必ず「相手にとってどうなのか」と問われます。頭でわっていても、目の前の業務に追われると、なかなか相手の立場で考えることが疎かになりがちです。
私の現在の仕事は、新しいシステムや制度の導入をサポートすること。片山さんの言う、「働くみんなにとって何が良いのか」を常に考えることを意識して、業務と対峙しています。すごく基本的なことかもしれないですが、とても大事なことだと思っています。

妊娠4か月の私を受け入れ産休までの目標を設定してくれた

―――森田さんは入社当時、妊娠4ヶ月だったとお聞きしました。
はい。入社後まもなく妊娠していることがわかり、申し訳ない気持ちで社長に事実を告げたところ、産休に入るまでの間にやるべき仕事と目標を設定くださいました。仕事は続けていくことでやり甲斐や楽しさが深まるもの。おうちモールに入社できて本当に良かったです。妊娠4か月の女性を受け入れてくれる会社はなかなかないと思います。
―――産休明けも、復職することが決まっているそうですね。
世間的には、産休明けに復職できないケースが多いようなので、本当に有り難いです。前職では、女性は結婚したら退社するのが当たり前という旧態依然な会社でした。そういう意味でも、おうちモールはしっかりと個人に向き合ってくれる会社なので、働くお母さんに優しい会社だと思います。成長期に入った弊社は人的なパワーを必要とするフェーズ。子育てを終えた女性がセカンドキャリアを活かす場として、おうちモールを選んでいただけたら嬉しいですね。
―――ありがとうございました。

Recommended Interviews

おすすめインタビュー

Job information

求人情報

募集を見る