注文住宅を考える人の為のナレッジマガジン

キーワードから探す

人気のタグから探す

記事のイメージ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

ネット上にある注文住宅の見積もりや費用シミュレーションをあてにしないほうが良い理由

注文住宅などのマイホームを考えた時に1番悩むのは「資金の問題」ではないでしょうか?

「いやいや、間取りや内装だよ!」という人もいるとは思いますが、結局はそれも資金ありきです。

一般的に住宅は「人生で最も高い買い物」と言われていますので、やはり費用面で悩む方は多いのです。

ですので、夢のマイホームを考え始めたみなさまが最初に行うこととして「ネット上にある住宅シミュレーションを活用して大体の費用を調べる」ということが挙げられます。
当社に来場して相談される方の中でも、結構な割合で先に他社さんのシミュレーションを使われたという方がいらっしゃいます。

ざっくりとした費用感を理解する上では決して悪いことではありませんが、そのような注文住宅シミュレーションを利用するデメリットがあることをご存知でしょうか?

 

この記事では、あまりシミュレーションを信用しないほうが良い理由と、ではどのようにして予算感を具体的に掴めば良いのかの解決策を順番に紹介していきます。

これから注文住宅などのマイホームをご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

ネット上の注文住宅シミュレーションを利用するメリット

私は職務上これまでにたくさんの注文住宅シミュレーションを利用してきましたが、その中で感じたメリットがこちらの2つです。

  • 気軽に試せてざっくりとした費用感が分かる
  • シミュレーションサイトの数が多く、スマホでも簡単に利用できる

気軽に試せてざっくりとした費用感が分かる

ネット上にあるシミュレーションサイトはそこまで複雑な仕組みではないものが多く、簡単な操作で誰でも気軽に試すことができます。

サイトによっては、

  • 何階建てかどうか
  • 建物面積

この2つを入力するだけで費用を出してくれるサイトもあるくらいです。簡単ですよね。

他社さんのシミュレーションなのでここで直接紹介するわけにはいきませんが、実際に「2階建て」「33坪」でシミュレートした結果は、

14,479,138円

でした。

33坪で約1500万円。なるほど。簡単。

このように、ある程度希望の間取りなどが決まっていればおおよその金額を出すことができるサイトがあります。

ですので、仕事や家事が忙しくてとりあえず大体の費用を知りたいという人には人気なのです。

シミュレーションサイトの数が多く、スマホでも簡単に利用できる

昔はシミュレーションサイトと言っても大手ハウスメーカーのサイトくらいしかありませんでした。

しかし、今はシミュレーションサイトだけでもすごい数があるので、皆さんにとっても身近な存在になっています。

住宅関係のシミュレーションサイトによってはとても細かくシミュレーションしてくれるサイトもあります。
その分入力項目が増えますので結構重労働となります。

ネット上の注文住宅のシミュレーションのデメリット

気軽に大体の費用などを知るには使えるネット上の注文住宅のシミュレーションサイトですが、私はオススメしません。

正直なところ、「気軽に使えることだけ」がメリットなんですよね。

一方、デメリットは以下の通り。

  • 結局、正確な費用はわからない
  • お問い合わせに誘導されることが多く、勧誘がしつこい
  • 希望のデザインや間取りを選べない場合が多い
  • 資金計画は完全に別問題

順番に解説していきますね。

結局、正確な費用はわからない

気軽に入力するだけで大体の費用感を知ることができますが、言い換えれば自分たちがイメージする注文住宅の正確な費用を出すにはシミュレーションだけでは絶対に無理です。

先程も少し紹介しましたが、

  • 何階建てかどうか
  • 建物面積

だけで注文住宅の費用を計算すること自体がかなり強引です。
どこの住宅会社に施工を依頼するかによっても全く費用は変わってきます。

注文住宅というものは一期一会であり、皆様の希望を形にしないことには意味がありません。
誰にだって建築上のちょっとしたこだわり、ここだけは譲れないポイントなどがあったりすると思います。

それをどのように実現するのかはプランナーの腕の見せ所ですし、それを一概に計算してしまっては正確な費用が出てこないというのは当たり前の話です。

建売住宅であれば地域と間取りとハウスメーカーで価格は大体決まりますが、注文住宅を入力項目のみで計算するのはとてもむずかしいのです。

だとすれば、簡単なシミュレーションではほとんどあてになりませんし、詳細なシミュレーションでも労力の割に正確な見積もりを出すことはできません。
最初から専門家に相談したほうが早くゴールにたどり着くことができるでしょう。

お問い合わせに誘導されることが多く、勧誘がしつこい

「なぜネット上にシミュレーションを用意してくれているんだろう?」

と考えたことはありませんか?

これは裏話なんですが、住宅業界に限らずネット上のシミュレーターというものの多くは問い合わせに誘導するために設置してあるわけです。
一般的な問い合わせフォームを設置するよりも、シミュレーションでイメージしてもらいその後問い合わせに繋げるほうが確率が高くなるということですね。
専門用語では「離脱率が低い」と言います。

ただ、その問い合わせののち、お客様には勧誘電話の雨あられというパターンも。
また、住宅展示場の案内や手紙が毎週のように届きます(これはしょうがないですけどね)。

ですので、シミュレーションのご利用もほどほどにしておいたほうがいいですね。

希望のデザインや間取りを選べない場合が多い

正確な費用が算出されないということは希望のデザインや間取りで建てた場合の金額がわからないということ。

それに金額に関してはその住宅会社が使っている素材や設備性能によっても全く変わってきます。

すべてのメーカーのシミュレーションをするならもしかすると現実に近い金額を算出できるかもですが、労力的に無理ですよね?

どれが良くてどれが悪いという判断は住宅の素人さんには難しいです。
施主さんが実現したいざっくりとしたイメージを具体的な形に変え、費用を抑えられる工夫をし、資金計画まで練るのが我々プロの仕事です。

最初から一緒に組み立てていったほうが二度手間になりませんし、納得して注文住宅選びをすることができるはずです。

資金計画は完全に別問題

いくら住宅価格をシミュレーションしても、お客様が一番悩むポイントは資金計画なのです。

それぞれのライフプランに合わせて実際にどのようにどれくらい資金調達できるのか検討する。
それに応じて上限価格を設定し、デザインや間取りを組み立てていく。

それが注文住宅計画を作り上げていく基本的な流れとなります。

ですので、まずは資金計画ありきです。
こちらの問題をクリアした上で、ご自身のライフプランに合ったマイホームを組み立てていくべきだと思います。

細部まで詳細に組み立てていざ自分の理想の注文住宅プランが出来上がったとして、支払いが現実的でなければ全く意味がありません。
順序が逆になってしまう、ということです。

一般的なネットの注文住宅シミュレーションとプロへの相談ではこれだけ違う

おうちモールでは住宅専門のプロのFPが下記の項目についてしっかりとヒアリングを行っています。

  • 家族構成
  • 1ヶ月の収入から支出
  • 現在のお住い
  • 子供の養育費
  • 車の買い替え
  • 老後資金
  • 保険の見直し

現状の家計から将来必要なお金のことまですべて把握した上で資金計画を一緒に考えてお客様にあった注文住宅を提案しサポートしています。

本気で注文住宅を考えるならネット上のシミュレーションだけでは現実的なプランを描けないことがご理解いただけたかと思います。

ネット上のシミュレーションだけで決めるのは絶対にやめましょう

忙しさを理由にネットで簡単にシミュレーションだけして住宅展示場などに行く人もいますが、それでは注文住宅選びは失敗しがちです。

注文住宅で最も大切なのは資金計画です。
一般的に注文住宅は建売住宅よりも価格が高くなることが多いです。

無理な資金計画をしてしまうことで生活が苦しくなり、せっかく注文住宅を建てても後悔する方もいらっしゃいます。
私達は、家族の明るい未来のためのマイホームが台無しになってほしくありません。
ですので、できれば最初からプロのFPに相談して最初に資金計画を練ることをおすすめします。

facebookのlogo この記事をシェア twitterのlogo この記事をツイート

おうちモールはプロの注文住宅フィナンシャルプランナーが
あなたにピッタリの住宅会社の優秀な担当者を紹介する相談窓口です。

\ 資金計画相談もメーカー比較・紹介もすべて完全無料です /

おうちモール公式サイトへ

RELATED

関連記事

PICKUP

おうちモールはプロの注文住宅フィナンシャルプランナーが
あなたにピッタリの住宅会社の優秀な担当者を紹介する相談窓口です。

\ 資金計画相談もメーカー比較・紹介もすべて完全無料です /

おうちモール公式サイトへ