注文住宅を考える人の為のナレッジマガジン

キーワードから探す

人気のタグから探す

記事のイメージ

この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

新築で注文住宅を考え始めたら住宅会社選びの専門家に相談しよう

新築戸建てを購入の際には、様々なトラブルがつきものです。

ご自身が納得できる最高の住まいを手に入れるためには、細かい部分まで目を向けて検討することが必要です。

この記事では最高の家を購入するためにプロに相談すべき理由について、様々な角度から詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

目次

  • 注文住宅購入の大まかな流れとは?
  • 新築購入に失敗やトラブルはつきもの?新築購入の失敗例とは
  • 新しい家を購入するときは専門家に相談しよう!
  • まとめ

注文住宅購入の大まかな流れとは?

注文住宅の新築戸建てを検討の際には、基本的な流れを把握しておくことで柔軟に進めていくことができます。
まずは検討前に、どのような流れで進めていくのかを把握しましょう。
注文住宅購入の際の大まかな流れを、以下にご紹介いたします

予算の決定

まず始めに、予算を決めましょう。
注文住宅を検討するために、考えなければならないことはいくつかありますが、それらを同時に考えてしまっては中々前に進めません。

とにもかくにもまずは予算を決めることで、その他の検討項目で迷った場合でも、自然と決断できるようになります。

予算を決める際には、まずは難しく考えず、「現在の貯蓄額」から「住宅購入後にどれくらいのお金を残しておきたいか」を引いた額、を算出してみます。

また、住宅ローン返済額もどのように決めたらいいか難しいところではありますが、一般的には、ローン返済額の年間合計金額が年収に対して1/4に収まる程度、と言われています。

加えて土地を買って家を建てる場合は工事代金と、土地代も考慮に入れなければなりません。
それらを考慮した上で、「(現金で準備できる)購入時にかかるお金」と「(毎月支払う)購入後にかかるお金」を合計した、今回の新築戸建てを購入する全体の予算を決めましょう。

最初に決めた予算を必ず守らなければいけないということはありません。

希望の注文住宅を建てるために予算を増やすのか、あるいは減らすのか、実際にプランが現実的になるにつれ調整していくのが一般的です。
つまり、注文住宅の検討は、単にその時だけの買い物ではなく、その後のライフプランも見据えた検討が必要になります。

希望のエリアの土地相場の情報を収集

希望するエリアにはどのような土地情報があるのか、どのような価格帯で販売されているのかの相場を把握しましょう。
エリアや駅などの大まかな希望条件で検索してみることにより、希望エリアの相場感の把握ができます。

住宅会社への問い合わせや展示場の見学

いくつか候補の住宅会社をピックアップし、予算や希望エリアを伝えて、具体的に相談してみましょう。
また、住宅会社がモデルハウスや展示場などの見学物件を持っている場合は、それらも見学してどのような会社なのか把握しましょう。

注文住宅の相談

希望に近いの注文住宅を建てる会社を見つけたら、土地探しや間取りプランの相談をしましょう。

自分たちの理想を惜しみなく伝えて、どのような注文住宅が希望なのかをアピールします。
相手は注文住宅のプロですので、どのような注文住宅がお客様に合うのか、様々な提案してくれます。

また、土地探しに関しては基本的には不動産会社がプロですが、注文住宅会社の多くは不動産会社と提携があり、土地探しのサポートもしてくれます。
予算や建物の希望を把握したうえで希望にあう土地情報を収集してくれるので、予算オーバーや、土地契約後に希望の間取りで家が建たないなどのトラブルになりにくいため、基本的には住宅会社に土地探しを依頼するのが良いでしょう。

間取り図などのプラン作成

どのような注文住宅が欲しいのか住宅会社に伝えた後、間取り図などの様々なプランを作成してくれます。

今はパソコンで見やすくわかりやすいプランなどの図面を作成してくれますので、住宅建築に詳しくないお客様でもわかりやすく、間取りプランの検討ができます。

住宅ローンの事前審査

土地の購入を決定したら、買付け申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けることが一般的となっています。

住宅ローンは、家の建て替えでも利用が可能です。
注文住宅の購入は大きなお買い物ですので、住宅ローンを組んで購入する場合が大半です。
住宅ローンを組むことができるのか、いくら借入れすることができるのかを、金融機関により事前審査されます。

住宅ローンの事前審査に通らないと、土地の購入、注文住宅会社との請負契約には進むことはできません。
後にトラブルになり困らないように、必ず事前に受けましょう。

重要事項の説明と契約書の確認

契約の前に確認しておくべきことといえば、契約内容についてです。
とても重要なことですので、細かい部分までしっかり把握しましょう。

契約する日よりも前に「重要事項説明書」や「契約書」のコピーを貰って、事前に確認しましょう。
しっかり内容を把握した上で、重要事項説明や契約日を迎えることで、トラブルのない契約とすることができます。

契約

「重要事項説明書」や「契約書」の内容を細かい部分までしっかり把握し、不明解な点や疑問な部分は質問して納得しましょう。
きちんと理解や納得した上で、契約書に署名することが重要です。

契約が成立してしまうと後に戻ることができないため、細心の注意が必要です。
契約後に買い手側の都合により解約をする場合、契約時に支払った手付金は戻ってきません。

また、契約した日から一定の期間が経ったあとに解約をする場合は、違約金が発生する場合もあります。
そのため、契約は必ず自分が納得した上で行うようにしましょう。

住宅ローンの申し込み

注文住宅の請負契約が成立した後、正式に住宅ローンの申し込みを行います。
金融機関の本審査後に承認されることにより、正式に金融機関と住宅ローンの契約を結びます。

注文住宅建設着工・完成

契約した内容に基づき、注文住宅の建設が着工します。
注文住宅の大きさや内容によりますが、3カ月から半年ほどで完成となります。

残金の決済

残金の決済は、購入した価格から手付金を差し引きした金額を全て支払うことです。
住宅ローンを使う場合は、金融機関から業者の口座に振り込まれる事が一般的です。

注文住宅物件引渡し・入居

残金の決済終了後、注文住宅物件の引渡し・入居となります。
注文住宅完成宅の鍵を受け取ったあと、司法書士による不動産の所有権移転登記が行われます。
引渡しの際には、再度建物の状態を確認しましょう。

気になる点があれば質問し、修正できる部分は修正してもらいましょう。
また、入居の翌年には、確定申告で住宅ローン控除申請を忘れずに行いましょう。

注文住宅物件引渡し・入居

残金の決済終了後、注文住宅物件の引渡し・入居となります。
注文住宅完成宅の鍵を受け取ったあと、司法書士による不動産の所有権移転登記が行われます。
引渡しの際には、再度建物の状態を確認しましょう。
気になる点があれば質問し、修正できる部分は修正してもらいましょう。
また、入居の翌年には、確定申告で住宅ローン控除申請を忘れずに行いましょう。

新築購入に失敗やトラブルはつきもの?新築購入の失敗例とは

家の購入には、様々なトラブルが付きものです。
建物というのは経年で様々変化していくので、納得できる内容で購入することが重要となります。
後にトラブルにならないように、新築戸建て購入の失敗例を以下に詳しくご紹介していきますので参考にしてください。 

家族構成に合った間取りではなかった

住まいに大切なのは、家族構成に合った間取りです。

ライフスタイルというのは、家族の年齢や生活、お子様の成長などにより大きく異なります。
住まいの間取りは、ライフスタイルを踏まえて構成することがとても重要となります。
間取りというのは、一見画一的に見えてしまうかもしれません。
しかし、ライフスタイルに合わせた間取りとすることで、家族全員が住みやすい住まいとなります。
家族の導線や帰り時間、プライベートなどをしっかり加味することで、最高の間取りとなります。

建物の安全性を考慮していなかった

建物に大事なこととして、安全性の高さも非常に重要となります。
地盤や基礎は建物に非常に大事となる部分ですので、契約の前にきちんと確認することが重要となります。
地盤や基礎を確認しないことにより、いざ住みはじめてから欠陥が発生したというトラブルもあります。
また、近年は地震が多く発生しています。
そのため建物の構造にも地震に強い工夫を施している住宅も多くあります。
安全性が低い新築物件を選んでしまうと住宅の寿命が短くなってしまい、地震大国の日本では不安な住まいとなってしまいます。
災害により簡単に破損してしまうこともあり、その際には多額の修繕費用が発生するため、建物の安全性は事前にきちんと確認しましょう。

建材や塗料に問題がある住宅だった

家の中の空気には、建材に含まれている化学物質やカビなどが漂っている場合があります。
そのような空気を吸い込んでしまうことにより体調不良を発生してしまうことを、シックハウス症候群といいます。 
近年はアレルギー体質のお子様も多く、シックハウス症候群の対策をしていない住宅に住むことで体調不良となってしまうケースが大変多くあります。
そのため、とても注目されている重要ポイントとなります。 
建材などから発生する化学物質は、家を建てる際に使われる建材や塗料などに含まれており、長年問題視されています。
近年では、シックハウス症候群を発生させない建材や塗料を使った建物も増えてきています。
シックハウス症候群の原因を把握し、建材や塗料に原因となる材料が使われているかの確認を行うことで、シックハウス症候群に悩まされない、安心の住まいを手に入れることができます。 

安い新築物件で失敗してしまう

新築戸建ては高いお買い物になりますので、安く手に入れたいと思う方もいると思います。
しかし、安い新築戸建てには理由があります。
気になる新築戸建てがリーズナブルな場合、安さの理由を確認しておく事が重要です。

安く新築物件を建てることができる理由は、建材や設備の違いです。
また、打合せや建設の工程をなるべく、効率よく進められるよう工夫を凝らしています。
建材や設備の違い、効率化された対応範囲に納得できていればいいですが、後々希望と違うとならないように充分な確認が必要です。

住宅会社(ハウスメーカー・工務店)のアフター対応が悪かった

新築住宅の購入時に盲点となってしまうのが、ハウスメーカーや工務店などの住宅会社が信頼できるかどうかです。
住宅会社は、小さな会社から全国展開している大きな会社まで様々です。
住宅というのは、買うまでよりも買ってからの方が重要となります。
アフターサービスや保証などは、その会社の対応により大きく異なるのが現状です。
そのため、アフターの対応がしっかりしている住宅会社から購入することが、非常に重要となります。 
プロの専門家は注文住宅会社の詳細を把握していますので、信頼できる注文住宅会社なのかの見極めができます。
事前に信頼できる注文住宅会社を見極めてもらい、長年安心して住み続けることができる住まいとしましょう。

新しい家を購入するときは専門家に相談しよう!

注文住宅購入時はポイントを抑えて住宅会社を選ばないと、思わぬ失敗をしてしまいます。
専門家に相談することは、単なる注文住宅購入の相談に留まりません。
お客様が最高の住まいを手に入れるためにとても重要な相談になるということを覚えておきましょう。
専門家に相談することには、以下のようなメリットがあります。

注文住宅の会社選びの進め方がわかる

注文住宅の会社選びは、意外と時間や手間がかかり大変な作業です。
専門家は、注文住宅の会社選びのスタートからゴールまでのステップを、わかりやすく教えてくれます。
ぬかりなく教えてくれるので、安心して注文住宅の会社決定まで進めていくことができます。

住宅の専門用語がわかる

住宅の専門用語は、堅く難しいと思う方もいると思います。
専門家は住宅会社選びのプロですので、住宅の専門用語をわかりやすく教えてくれます。
「建ぺい率と容積率」など、よく目にする専門用語をわかりやすく解説してくれます。

住宅の専門用語の中には重要な言葉も多くありますので、1つずつ把握しながら注文住宅の検討をすることができます。

損をしない注文住宅の購入のアドバイスをしてくれる

住宅購入時のご家族の事情は、個々に異なります。
購入時期のアドバイスや、適切な頭金の額や住宅ローンの組み方など、時勢や制度も踏まえた上で、ご家族にとってベストな住宅購入となるようにアドバイスしてくれます。

購入費用などのお金のことも教えてくれる

注文住宅を購入の際に1番大事であり気になるのが、お金まわりのことです。
住宅ローンや諸経費、完成後に将来発生するメンテナンスやリフォームの費用など、お金に関することは住宅購入にはたくさんあります。
そんなお金にまつわることを、専門家がしっかりと説明してくれます。

細かいことも親身に教えてくれる

注文住宅の購入というのはプロセスが難しい上に、専門用語も多く、わかりにくいという方も少なくありません。
プロはプロならではの視点と豊富な知識を持っているので、小さな疑問でも答えてくれます。
相談しにくいことも相談できますので、安心して注文住宅購入の計画ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
注文住宅の購入は、難しそうに思えるかもしれません。
必要なポイントを把握して行えば、理想の注文住宅の購入をすることは必ずできます。
注文住宅の購入には、たくさんのお金がかかりますので、今後の人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。
また、納得できる最高の注文住宅の購入というのは、想像以上に簡単なことではありません。
納得できる新築住宅の購入をするためには、ひとりで考えるよりも事前に住宅選びの専門家に相談をすることをおすすめします。
住宅の専門家はハウスメーカー・工務店に非常に詳しいので、お客様に合った住宅会社や担当者を提案することが可能です。
住まいは、生活していく中で欠かせない三要素(衣・食・住)のひとつです。
安心して楽しく住み続けていける住まいになるように、最高の新築住宅の購入をしましょう。
facebookのlogo この記事をシェア twitterのlogo この記事をツイート

おうちモールはプロの注文住宅フィナンシャルプランナーが
あなたにピッタリの住宅会社の優秀な担当者を紹介する相談窓口です。

\ 資金計画相談もメーカー比較・紹介もすべて完全無料です /

おうちモール公式サイトへ

RELATED

関連記事

PICKUP

おうちモールはプロの注文住宅フィナンシャルプランナーが
あなたにピッタリの住宅会社の優秀な担当者を紹介する相談窓口です。

\ 資金計画相談もメーカー比較・紹介もすべて完全無料です /

おうちモール公式サイトへ